PAGE TOP

鎌倉彫りについて/鎌倉彫りの道具

  • Vol.2

    鎌倉彫の道具

    • 小刀

      【こがたな】

    • 木という材料には木目というものがあり削っていく方向で木目に沿って素直に削れる順目、木目に逆らいササクレてしまったりする逆目と同じ場所を彫るにも刃を動かす向きで削れ方が正反対の性質を示します。
      逆目を避けるためや図案の部分によってより使いやすい刃の形を選ぶために小刀には右刀と左刀、そして三分や一分等の刃の幅に種類があります。
    • 平刀

      【ひらとう】

    • 平刀にも幅により種類があり刃で削った後の木地に残る刀痕に合わせて選べるように小刀よりも刀の幅が細分化して使います。
    • 丸刀

      【まるとう】

    • 丸刀は刀の幅による種類に加えて刃の描く弧によってRがキツイ方から深丸、浅丸、極浅丸と大きく分けられます。
    • 研ぎ

      【とぎ】

    • そして彫刻刀には刃を研ぐという作業があり、その時に刃につける角度、刃の形をそれぞれバランスをとることで、その時の彫に適した彫刻刀に調整していきます。
    • 木地

      【きじ】

    • 鎌倉彫を彫るための材料として木地があります。時代により手に入りやすい、加工しやすい等の理由でいろいろな種類の木が使われていたようです、過去には銀杏の木を使っていた時代もあったりしたようですが今現在は加工性や漆との相性などの理由で桂の木、それも北海道産のものを主に使っています。
      丸太を材木市場から買い付け製材して板材にして風雨にさらし乾燥させたのちそれぞれの木地に必要な大きさに木取りしてロクロ師の手により盆や皿、お椀に、また寸法を合わせキレイに削り直した板を指物師の手によって箱や額、ツイタテや引き出しの大物家具まで形を変えて木地になります。